外傷性頸部症候群(むち打ち症)1

   外傷性頸部症候群とは、何らかの外傷により頸椎周囲の支持組織(靭帯や椎間板等)のみならず神経系や内耳機能などが障害され、精神神経的異常も伴いうる多彩な症状がでる症候群のことです。いわゆる、むち打ち症やむち打ち損傷のことですが、必ずしも「むち」のように頸椎がしならなくても症状が出現することや、その呼び方から種々の誤解を招く可能性があることから、現在臨床的には使用されていません。交通事故にあった場合、よく外傷性頸部症候群(むち打ち症)について、争われることが多いです。

1 むち打ち症の症状

       主な症状は、頸部痛や頭痛ですが、それ以外にも、下記のような多様な症状が出現し、時間の経過で変化していくこともあります。

①頭、顔面のしびれ

②後頭部、背部や上肢の痛み、こり、しびれ

③眼症状

④耳鳴り、聴力低下

⑤筋力低下、知覚障害、可動域制限

⑥めまい

⑦嘔吐、倦怠感、集中力・記憶力の低下

⑧精神障害

2 痛みやこり等の出現

   こりや痺れを訴えても、特定の神経根の支配領域に一致しないことが多く、外傷直後になくても、数時間後や数日後に出現してくることも多いと言われます。痛みの原因について、椎間関節の靭帯損傷、関節包損傷等の器質的損傷が発生しているという考え方からは、痛みは交通事故直後に生じるはずだとされ、現実に生じている痛みが、交通事故によるものかが争われることがあります。交通事故による受傷後、しばらく経ってからの痛みが出ることの理由について、緒説ありますが、いまだ医学的に解明されているとは言えない状態です。(弁護士中村友彦)

3 関連コラム

外傷性頸部症候群(むち打ち症)2         

むち打ち症における労働能力喪失期間の制限(交通事故による後遺障害の損害)   

 n

 

 

交通事故の法律相談のご予約

御予約受付:0120-967-330(平日 午前9:30 ~ 12 時、午後1時~ 5:30)

フリーダイヤルで繋がらない場合は 06―6226―5535まで

  • 初回の相談は無料着手金無料
  • 相談予約で夜間・土曜面談対応
  • 当日・前日でも空きがあれば面談対応

土曜相談会実施中

毎月1回、土曜日に相談会を行います

初回1時間無料(予約制)

詳細はここをクリックしてください

アクセスマップはこちら

交通至便 淀屋橋駅1分

OSAKA ベーシック法律事務所

【住所】

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4丁目 3番 6号
淀屋橋 NAO ビル 3階

【交通】

地下鉄御堂筋線・京阪電鉄
「淀屋橋」駅 10番出口徒歩 1分

対応エリア