神経学的所見2

7.徒手筋力検査

筋力の低下をテストします。神経が障害を受けると、その神経が支配している筋の筋力が低下します。対象の筋を収縮させ、被検査者にはその状態を保持するよう指示し、検査者はその筋に伸張方向(または関節運動での逆方向)の徒手抵抗を加え、その際の筋の収縮保持能力によって、段階づけし、評価し判定します。

評価は以下の6段階です。正常が5です。

5 normal
(正常)
筋力100% 強い抵抗を加えても打ち克って動き、運動域全体にわたって動かせる状態です。
4 good 筋力75% いくらか抵抗を加えても打ち克って動き、運動域全体にわたって動かせる状態です。
3 fail 筋力50% 抵抗を加えなければ重力に打ち克って動き、運動域全体にわたって動かせる状態です。
2 poor 筋力25% 重力を除けば動き、重力に抗さなければ運動域全体にわたって動かせる状態です。
1 trace 筋力10% 筋の収縮がかすかに認められるだけで、関節運動は起こらない状態です。
0 zero 筋力0% 筋の収縮も全く認められない状態です。

神経障害部位によって筋力低下の部位が異なります。頸髄神経C5・C6なら三角筋や上腕二頭筋、頸髄神経C6・C7・C8なら上腕三頭筋や手関節伸展筋、頸髄神経C8・胸髄神経Th1なら小指外転筋などです。

なお、カルテや診断書で徒手筋力検査のことを「MMT」と記載することがあります。例えば、両上下肢でMMT4ぐらいなどです。MMT4レベルだと、通常は、杖による歩行、杖なしでの歩行は、ややぎこちなさが認められる程度の筋力です。

8 病的反射

脊髄の損傷を確認する神経学的検査です。

(1)トレムナー反射

中指を伸展させておいて、指先の腹をはじくと母指が内転します。その場合、診断書では+(陽性)と記載されます。何も生じなければ-(陰性)と記載されます。

(2)ホフマン反射

中指を挟んで指先を掌側に弾くと母指が内転します。その場合、診断書では+(陽性)と記載されます。何も生じなければ-(陰性)と記載されます。

(3)ワルデンブルグ兆候

さし指、中指、薬指、小指を屈曲させ、検査者と引っ張り合いをさせると母指が内転屈曲します。その場合、診断書では+(陽性)と記載されます。何も生じなければ-(陰性)と記載されます。

トレムナー反射、ホフマン反射、ワルデンブルグ兆候は、いずれも中枢性神経障害で出現する病的反射であり、脊髄障害や錘体路障害が疑われます。

交通事故の法律相談のご予約

御予約受付:0120-967-330(平日 午前9:30 ~ 12 時、午後1時~ 5:30)

フリーダイヤルで繋がらない場合は 06―6226―5535まで

  • 初回の相談は無料着手金無料
  • 相談予約で夜間・土曜面談対応
  • 当日・前日でも空きがあれば面談対応

土曜相談会実施中

毎月1回、土曜日に相談会を行います

初回1時間無料(予約制)

詳細はここをクリックしてください

アクセスマップはこちら

交通至便 淀屋橋駅1分

OSAKA ベーシック法律事務所

【住所】

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4丁目 3番 6号
淀屋橋 NAO ビル 3階

【交通】

地下鉄御堂筋線・京阪電鉄
「淀屋橋」駅 10番出口徒歩 1分

対応エリア