後遺症と後遺障害

交通事故により後遺症が残ってしまいますと、数年、場合によっては生涯、その後遺症と付き合わなければなりません。

しかし、後遺症が残っても、後遺障害の認定を受けることができなければ、これに対する損害賠償金を支払ってもらうことができません。「治療は終わったけれど、まだ痛みが残っている」というだけでは後遺症に対する損害賠償金を支払ってもらうことはできず、損害賠償金を支払ってもらうためには後遺障害の認定を受ける必要があるのです。

それでは、ここでいう後遺症と後遺障害とではどう違うのでしょうか?

後遺症とは一般に身体等に一定の障害が残存した状態をいうことに対し、後遺障害は自賠責における障害の認定のことを言います。自賠責では、後遺症の内容毎に詳細な基準を決めており、自賠責調査事務所はこれに従って、当該後遺症が後遺障害に該当するか否か、該当する場合には1級~14級のどれに該当するのかを決めています。何らかの後遺症があれば当然に後遺障害等級認定がなされるとは限らないのです。

交通事故の法律相談のご予約

御予約受付:0120-967-330(平日 午前9:30 ~ 12 時、午後1時~ 5:30)

フリーダイヤルで繋がらない場合は 06―6226―5535まで

  • 初回の相談は無料着手金無料
  • 相談予約で夜間・土曜面談対応
  • 当日・前日でも空きがあれば面談対応

土曜相談会実施中

毎月1回、土曜日に相談会を行います

初回1時間無料(予約制)

詳細はここをクリックしてください

アクセスマップはこちら

交通至便 淀屋橋駅1分

OSAKA ベーシック法律事務所

【住所】

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4丁目 3番 6号
淀屋橋 NAO ビル 3階

【交通】

地下鉄御堂筋線・京阪電鉄
「淀屋橋」駅 10番出口徒歩 1分

対応エリア