車両損害 未修理のまま処分した場合に修理費用相当額が損害になるか

交通事故で車両が破損し、修理をした場合、原則として修理にかかった費用は、交通事故による損害として認められます。もちろん、無制限に認められるわけではなく、修理することが相当な場合で、適正な額に限られますし、経済的全損となった場合は再調達価格に相当する額までしか認められません。しかし、ケースによっては、修理できても新車に買い替えるようなこともあります。このような場合、事故車両の修理をしておらず,修理をすることもないので,修理費相当額が交通事故による損害と認められるかが問題となります。

 理論的には、交通事故による損害というものは交通事故時に発生すると考えられていますから、修理費用相当額も原則として損害と認められるのは当然というべきです。

 

 裁判例でも認められており、大阪地裁平成10年2月24日判決(自保ジャーナル1261号2頁)では、交通事故によって破損した事故車両が修理されてなく、修理する予定もなかった事案で、被害車両が現実に損傷を受けている以上、交通事故による損害は既に発生しているとして,修理費相当額を交通事故による損害と認めました。

 

 

                                                                         (弁護士 中村友彦)

 

交通事故の法律相談のご予約

御予約受付:0120-967-330(平日 午前9:30 ~ 12 時、午後1時~ 5:30)

フリーダイヤルで繋がらない場合は 06―6226―5535まで

  • 初回の相談は無料着手金無料
  • 相談予約で夜間・土曜面談対応
  • 当日・前日でも空きがあれば面談対応

土曜相談会実施中

毎月1回、土曜日に相談会を行います

初回1時間無料(予約制)

詳細はここをクリックしてください

アクセスマップはこちら

交通至便 淀屋橋駅1分

OSAKA ベーシック法律事務所

【住所】

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4丁目 3番 6号
淀屋橋 NAO ビル 3階

【交通】

地下鉄御堂筋線・京阪電鉄
「淀屋橋」駅 10番出口徒歩 1分

対応エリア