071 自転車事故で告訴を受けたが、示談が成立し不起訴になった事例

 

事故態様 自転車と歩行者の衝突事故
被害内容 人損
解決方法 示談
解決結果

被害者が刑事告訴をしたため、加害者は検察庁でも取調べを受けるなどしている状態の相談でした。担当検察官に示談を行うので処分を待ってほしい旨を伝え、被害者側に示談の打診を行い、金額の交渉を経て、最終的に処分を求めないことで示談が成立し、不起訴となりました。

コメント

加害者が自転車で保険に未加入であったこともあり、担当検察官としては被害者が告訴していることからも罰金処分を選択せざるをえないというものでした。示談を行うとしても、当事者同士で直接やり取りをすると感情的になりすぎることもあり、上手くいかないことがありますので、第三者の専門家を入れることをお勧めします。もちろん、一番はキチンと保険に入っておくことですが。

 

交通事故の法律相談のご予約

御予約受付:0120-967-330(平日 午前9:30 ~ 12 時、午後1時~ 5:30)

フリーダイヤルで繋がらない場合は 06―6226―5535まで

  • 初回の相談は無料着手金無料
  • 相談予約で夜間・土曜面談対応
  • 当日・前日でも空きがあれば面談対応

土曜相談会実施中

毎月1回、土曜日に相談会を行います

初回1時間無料(予約制)

詳細はここをクリックしてください

アクセスマップはこちら

交通至便 淀屋橋駅1分

OSAKA ベーシック法律事務所

【住所】

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4丁目 3番 6号
淀屋橋 NAO ビル 3階

【交通】

地下鉄御堂筋線・京阪電鉄
「淀屋橋」駅 10番出口徒歩 1分

対応エリア