056 事故態様・過失割合で大きく争ったが、当方が無過失であることを前提の和解が成立した事例

 

事故態様 自動車と自動車の接触事故
被害内容 物損
解決方法 訴訟
解決結果

依頼者が走行中、並走状態のトラックがいきなり車線変更してきたことで交通事故が生じました。相手方が3割の過失相殺をするべきだと譲らなかったため、訴訟を提起しました。相手方代理人の変更、反訴提起などで裁判が長引きましたが、尋問手続きまで終了した後、裁判所から、依頼者の過失0を前提として和解案(反訴を全部排斥し、当方の請求は概ね認容)が出されて解決となりました。

コメント

並走状態での車線変更による交通事故なのか、後続車両と車線変更者による交通事故なのかで、過失割合は大きく変わってきます。お互いの車両の損傷の程度、損傷の入力方向等を主張立証することで、裁判所からは並走状態での車線変更による自己であることを認めてもらうことができました。

 

交通事故の法律相談のご予約

御予約受付:0120-967-330(平日 午前9:30 ~ 12 時、午後1時~ 5:30)

フリーダイヤルで繋がらない場合は 06―6226―5535まで

  • 初回の相談は無料着手金無料
  • 相談予約で夜間・土曜面談対応
  • 当日・前日でも空きがあれば面談対応

土曜相談会実施中

毎月1回、土曜日に相談会を行います

初回1時間無料(予約制)

詳細はここをクリックしてください

アクセスマップはこちら

交通至便 淀屋橋駅1分

OSAKA ベーシック法律事務所

【住所】

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4丁目 3番 6号
淀屋橋 NAO ビル 3階

【交通】

地下鉄御堂筋線・京阪電鉄
「淀屋橋」駅 10番出口徒歩 1分

対応エリア