代車使用料2 代車使用の支出

   交通事故により代車を使用し、代車を借りる等して代車料を支出した場合、支出した代車料の全額とは限りませんが、交通事故による損害として賠償請求をすることができます。

 現実的に代車を使用する必要があり、現実に使用した場合に認められ、被害者が他に車両を保有しているなど、代車使用の必要性がない場合や、代車を使用しなかった場合は、代車使用料相当額を交通事故による損害として賠償請求することはできません。

1 代車使用料として認められる額

   事故車両と同種、同年式等の同程度の車両の代車使用料が認められますが、明確な基準はありません。事故車両が、外国車であっても、国産車を基準に代車使用料を計算することもあります。

2 例外的に代車料を支出していないが、代車使用相当額を損害として認めた例

  代車の必要性があり、被害者が不便を強いられることになるとき、代車使用相当額を交通事故による損害として認めることができるかについて、原則はできません。但し、交通事故による損害として、例外的に認められた例もあります。

  神戸地裁平成8年9月20日判決(交民29巻5号1413頁)では、「代車使用料は、車両が使用不能の期間に代替車両を使用する必要があり、かつ現実に使用したとき、相当な範囲内で認められると解するのが相当である。」としたうえで、「原告は、原告車の修理期間中、原告が使用できないため、原告が経営する会社所有の普通乗用自動車を使用していたのであるから相当の代車使用料が認められるというべきところ、右のレンタカー料金等を斟酌すると、原告主張の1日当たり5000円、合計23万円の代車使用料は相当な損害として是認できる」としました。あくまで、例外的な取扱いであり、通常のケースでは認められないでしょう。(弁護士中村友彦)

 

交通事故の法律相談のご予約

御予約受付:0120-967-330(平日 午前9:30 ~ 12 時、午後1時~ 5:30)

フリーダイヤルで繋がらない場合は 06―6226―5535まで

  • 初回の相談は無料着手金無料
  • 相談予約で夜間・土曜面談対応
  • 当日・前日でも空きがあれば面談対応

土曜相談会実施中

毎月1回、土曜日に相談会を行います

初回1時間無料(予約制)

詳細はここをクリックしてください

アクセスマップはこちら

交通至便 淀屋橋駅1分

OSAKA ベーシック法律事務所

【住所】

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4丁目 3番 6号
淀屋橋 NAO ビル 3階

【交通】

地下鉄御堂筋線・京阪電鉄
「淀屋橋」駅 10番出口徒歩 1分

対応エリア