被害者側の任意保険を使用したことで保険料が増額した場合に損害と認められるか

   交通事故で、車両が損害を受けたような場合、通常、加害者が加入している任意保険から交通事故による損害の補償を受けることになります。しかし、加害者が、物損に関して任意保険に加入していないといった事情から、被害者が自分の車両保険等を使用せざる得ない場合があります。しかし、特約で被害者の過失が0であれば保険料が上がらないとされている保険もありますが、そのような事情がない場合、保険料が増額することになりますが、これが損害と認められるかが問題となります。 

1 保険料の増額を交通事故の損害と認めた事例

   横浜地裁昭和48年7月16日判決(交民6巻4号1168頁)では、交通事故の発生のため保険料の割引がなくなり、金1万5571円余分に支払わざるを得なくなり同額の損害を被ったことが認められるとして、保険料増額分を交通事故の損害と認めました。

2 保険料の増額を交通事故の損害と認めなかった事例

   東京地裁平成13年12月26日(交民34巻6号1687頁)では、「原告が自身の加入する車両保険金を受領して早期の被害回復を図るか、被告から適正な損害賠償金を得て被害回復を図るかは、原告自身の選択の問題であって、前者を選択した結果、保険料が増額したとしても、これをもって、本件事故による損害と認めることはできない。」として、保険料増額分を交通事故の損害と認めませんでした。(弁護士中村友彦) 

交通事故の法律相談のご予約

御予約受付:0120-967-330(平日 午前9:30 ~ 12 時、午後1時~ 5:30)

フリーダイヤルで繋がらない場合は 06―6226―5535まで

  • 初回の相談は無料着手金無料
  • 相談予約で夜間・土曜面談対応
  • 当日・前日でも空きがあれば面談対応

土曜相談会実施中

毎月1回、土曜日に相談会を行います

初回1時間無料(予約制)

詳細はここをクリックしてください

アクセスマップはこちら

交通至便 淀屋橋駅1分

OSAKA ベーシック法律事務所

【住所】

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4丁目 3番 6号
淀屋橋 NAO ビル 3階

【交通】

地下鉄御堂筋線・京阪電鉄
「淀屋橋」駅 10番出口徒歩 1分

対応エリア