被害者側の事情による慰謝料減額事由

  慰謝料は精神的な苦痛を損害として金銭評価したものであり、交通事故の場合、傷害慰謝料や後遺障害慰謝料として損害として認められています。交通事故に関する慰謝料は、定型的な裁判基準によって計算されていますが、事案によっては、諸事情を考慮し、増減額がなされます。加害者側の交通事故の態様(ひき逃げ等)によって、慰謝料が増額されることはよくありますが、被害者側の事情によって減額されることもあります。

 

1 傷病・治療に関する事情

       入院の必要性に乏しいのに本人の希望によって入院していた場合や、通院期間が短いこと、通院頻度が低いなどの事情が慰謝料の減額事由になります。また、交通事故によって、軽度の神経症状の場合(むちうち症で他覚所見のない場合等)では、入通院慰謝料は通常の3分の2程度となります。

 2 大阪地裁平成20年9月26日判決(自保ジャーナル1784号18頁)

       通常の場合、被害者の行為態様は、過失相殺によって考慮されているので慰謝料の計算で考慮されることはありません。しかし、交通事故の後の被害者側の事情など、過失相殺では考慮できないようなケースでは、慰謝料の減額の要素となります。大阪地裁平成20年9月26日判決の事案は、中学三年生の交通事故の被害者がことさらに加害者に責任をなすりつけようとした事情を慰謝料の減額要素としました。この大阪地裁判決は、本人尋問や陳述書等の被害者の供述は信用できないとし、不当に交通事故の責任をなすりつけるものとして、傷害慰謝料や後遺障害慰謝料を裁判基準より1割減額しました。(弁護士中村友彦)

 

交通事故の法律相談のご予約

御予約受付:0120-967-330(平日 午前9:30 ~ 12 時、午後1時~ 5:30)

フリーダイヤルで繋がらない場合は 06―6226―5535まで

  • 初回の相談は無料着手金無料
  • 相談予約で夜間・土曜面談対応
  • 当日・前日でも空きがあれば面談対応

土曜相談会実施中

毎月1回、土曜日に相談会を行います

初回1時間無料(予約制)

詳細はここをクリックしてください

アクセスマップはこちら

交通至便 淀屋橋駅1分

OSAKA ベーシック法律事務所

【住所】

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4丁目 3番 6号
淀屋橋 NAO ビル 3階

【交通】

地下鉄御堂筋線・京阪電鉄
「淀屋橋」駅 10番出口徒歩 1分

対応エリア