077 相手方に保険適用をさせて示談により解決した事例

 

事故態様 自転車同士の事故
被害内容 傷害・物損
解決方法 示談
解決結果

加害者の方が少年であったこともあり、刑事事件になるのを恐れ、親御さんが傷害を否定して、保険適用を拒否していきました。弊所が受任後、そもそも触法少年であり刑事事件にはならないことや、傷害も重大なものではないので、心配ないことを連絡し、保険会社が対応することになり、治療が終わるのを待って、示談により終了しました。

コメント

触法少年の場合、刑事事件ではありませんので、事故態様の資料となる実況見分調書が通常の手続きでは開示されません。傷害が軽いと人身事故であっても、物件事故報告書しか開示されませんので、弊所の方で調査会社を入れ事故態様を調査しました。特に争うこともなく、事故態様に沿った過失割合での示談になったと思います。

 

交通事故の法律相談のご予約

御予約受付:0120-967-330(平日 午前9:30 ~ 12 時、午後1時~ 5:30)

フリーダイヤルで繋がらない場合は 06―6226―5535まで

  • 初回の相談は無料着手金無料
  • 相談予約で夜間・土曜面談対応
  • 当日・前日でも空きがあれば面談対応

土曜相談会実施中

毎月1回、土曜日に相談会を行います

初回1時間無料(予約制)

詳細はここをクリックしてください

アクセスマップはこちら

交通至便 淀屋橋駅1分

OSAKA ベーシック法律事務所

【住所】

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4丁目 3番 6号
淀屋橋 NAO ビル 3階

【交通】

地下鉄御堂筋線・京阪電鉄
「淀屋橋」駅 10番出口徒歩 1分

対応エリア