074 経済的全損を否定し、当方主張の事故態様に沿って解決した事例

 

事故態様 自動車と自動車の接触事故
被害内容 物損
解決方法 示談
解決結果

相手方保険会社から、車線変更事案であり、また経済的全損であるとして、一方的な提示の内容である示談書を送りつけられた状態で相談に来られました。古い車両でしたが、販売台数が極めて少なく、クラシックカーと評価される余地がある車両でしたので、その旨を主張するとともに、過失割合について当方が0である旨を伝え、受諾できない場合には訴訟手続きに移行することを相手方に伝えました。そうしたところ、相手方保険会社は、損害の計算方法として修理費用とすることを認めるとともに、並走状態での車線変更であることを前提にするとしましたので、示談での解決となりました。

コメント

クラシックカーに該当するかは、ただ中古車市場が存在しないというだけでは足りませんが希少性等の具体的な事情によっては認められることがあります。簡単に経済的全損と言われても諦める必要はありません。また、車線変更の事案で、保険会社は過失割合を2割や3割を主張してくることがありますが、並走状態での車線変更事案の場合、直進車には基本的に過失はありませんので、一度相談されることをお勧めします。

 

交通事故の法律相談のご予約

御予約受付:0120-967-330(平日 午前9:30 ~ 12 時、午後1時~ 5:30)

フリーダイヤルで繋がらない場合は 06―6226―5535まで

  • 初回の相談は無料着手金無料
  • 相談予約で夜間・土曜面談対応
  • 当日・前日でも空きがあれば面談対応

土曜相談会実施中

毎月1回、土曜日に相談会を行います

初回1時間無料(予約制)

詳細はここをクリックしてください

アクセスマップはこちら

交通至便 淀屋橋駅1分

OSAKA ベーシック法律事務所

【住所】

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4丁目 3番 6号
淀屋橋 NAO ビル 3階

【交通】

地下鉄御堂筋線・京阪電鉄
「淀屋橋」駅 10番出口徒歩 1分

対応エリア