048 評価損が大きな争点となり、修理費用の25%にあたる評価損が認められた事例

 

事故態様 自動車と自動車の追突事故
被害内容 物損、傷害
解決方法 訴訟
解決結果

傷害の内容は軽微だったのですが、物的損害の評価損が大きな争点となりました。依頼者の交渉時には保険会社が評価損を認めようとせず、弊所が受任した後には評価損を認めたものの修理費用の10%にとどまりました。そこで、話し合いでは無理だと判断し、訴訟を提起して評価損の金額を争いました。その結果、修理費用の25%が認められ、人損・物損で合計約300万円での解決となりました。

コメント

人気の高い外車であること、車体の根幹部に修理を必要とするものであったことなどを立証し、当方としては概ね満足できる金額で解決することができました。評価損は、保険会社がなかなか認めたがらない損害項目ですので、評価損が問題となるのであれば、早期に訴訟提起を検討するべきです。

 

交通事故の法律相談のご予約

御予約受付:0120-967-330(平日 午前9:30 ~ 12 時、午後1時~ 5:30)

フリーダイヤルで繋がらない場合は 06―6226―5535まで

  • 初回の相談は無料着手金無料
  • 相談予約で夜間・土曜面談対応
  • 当日・前日でも空きがあれば面談対応

土曜相談会実施中

毎月1回、土曜日に相談会を行います

初回1時間無料(予約制)

詳細はここをクリックしてください

病院出張相談(初回無料)

交通事故で入院中の被害者の方へ

詳細はこちらをクリックしてください

アクセスマップはこちら

交通至便 淀屋橋駅1分

OSAKA ベーシック法律事務所

【住所】

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4丁目 3番 6号
淀屋橋 NAO ビル 3階

【交通】

地下鉄御堂筋線・京阪電鉄
「淀屋橋」駅 10番出口徒歩 1分

対応エリア