新婚旅行等のキャンセル料は交通事故の損害と認められるか

   交通事故にあった場合、その程度によれば、被害者は病院に通院することを余儀なくされ、仕事やその他の用事に支障がでて、交通事故がなければできたであろうことをキャンセルしなければならなかったりします。交通事故の影響でキャンセルしなければならなかったためにかかった費用が交通事故の損害と認められるかが問題となります。

1 名古屋地裁平成17年7月13日判決(交民38巻4号947頁) 

 名古屋地裁平成17年7月13日判決は、交通事故で頚椎・腰椎捻挫、左膝・左足関節打撲の傷害を負い、骨折等の異常はなく、明らかな神経学的所見も認められないにもかかわらず、継続的に疼痛等の自覚症状を訴えていた事案です。上記名古屋地裁では、交通事故後に結婚式を予定していた場合に、新婚旅行及びブーケ代のキャンセル料(合計13万800円)を交通事故による損害と認めました。

 上記名古屋地裁の事案で他に特徴的なのは、結婚式については、被害者は加害者側の保険会社の担当者から支払いを拒否されたため予定通りに行ったところ、被害者の気質的な要因も考慮したうえで、交通事故による受傷の治療と結婚式の準備が重なり、そのことが被害者の治療の長期化につながった面も否定できないとして、過失相殺の規定を類推適用して2割の素因減額をしました。(弁護士中村友彦) 

交通事故の法律相談のご予約

御予約受付:0120-967-330(平日 午前9:30 ~ 12 時、午後1時~ 5:30)

フリーダイヤルで繋がらない場合は 06―6226―5535まで

  • 初回の相談は無料着手金無料
  • 相談予約で夜間・土曜面談対応
  • 当日・前日でも空きがあれば面談対応

土曜相談会実施中

毎月1回、土曜日に相談会を行います

初回1時間無料(予約制)

詳細はここをクリックしてください

病院出張相談(初回無料)

交通事故で入院中の被害者の方へ

詳細はこちらをクリックしてください

アクセスマップはこちら

交通至便 淀屋橋駅1分

OSAKA ベーシック法律事務所

【住所】

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4丁目 3番 6号
淀屋橋 NAO ビル 3階

【交通】

地下鉄御堂筋線・京阪電鉄
「淀屋橋」駅 10番出口徒歩 1分

対応エリア