代車使用料(代車使用期間)

 交通事故によって損傷した車両を修理している間や、新車に買い替えるために必要な期間、日常生活等において車は欠くことができないものですから、事故車両の代わりに別の車両を借りて使用することがあります。この際にかかる代車使用料はすべて交通事故による損害として認められるとは限りませんが、一定程度の使用期間は損害として認められます。 

1 代車使用が認められる期間

相当な修理期間(通例は1週間ないし2週間)または買い替え期間(新車が納車するまで)として相当な期間が認められます。相当な期間は一概にはいえず、部品の調達や営業車登録等の必要があるとき、交渉期間や検討期間も考慮され、長期間認められることもあります。

 

2 代車使用期間に関する裁判例  

神戸地裁平成3年6月12日判決(交民24巻3号670頁)では、全損になるかの修理見積りを取得する期間について代車使用料を交通事故による損害として認めました。この事案では、原告が、車の修理費が金423万円余とその残存価格を超過するため、やむなく新車を購入することとし、新車は、昭和63年8月31日納入されたこと、新車納入までの間事故車の代わりの車両を使用できなかったこと、事故車の修理見積りは、昭和63年4月23日付でなされ、約1か月を要したこと、また、新車の納入は、発注後約2か月を要したこと等の事実を認めたうえで、本件事故と相当因果関係の認められる代車使用料は、本件事故後車の修理見積りが提出されるまでに要する期間、その後の検討期間及び新車の発注から納入までに要する期間等を勘案し、事故後120日間についてこれを認めるのが相当であるとして、交通事故による損害として認められる代車使用料は金300万円(2万5000円×120日=300万円)となるとしました。(弁護士中村友彦)

 

 

 

 

交通事故の法律相談のご予約

御予約受付:0120-967-330(平日 午前9:30 ~ 12 時、午後1時~ 5:30)

フリーダイヤルで繋がらない場合は 06―6226―5535まで

  • 初回の相談は無料着手金無料
  • 相談予約で夜間・土曜面談対応
  • 当日・前日でも空きがあれば面談対応

土曜相談会実施中

毎月1回、土曜日に相談会を行います

初回1時間無料(予約制)

詳細はここをクリックしてください

アクセスマップはこちら

交通至便 淀屋橋駅1分

OSAKA ベーシック法律事務所

【住所】

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4丁目 3番 6号
淀屋橋 NAO ビル 3階

【交通】

地下鉄御堂筋線・京阪電鉄
「淀屋橋」駅 10番出口徒歩 1分

対応エリア