所長インタビュー

「OSAKAベーシック法律事務所」の名前に込めた先生の思いをお教え下さい。

一般に、弁護士や法律事務所は、「何をしているのか分からない」、「敷居が高くて、よっぽどのことがない限り足を踏み入れたくない」、「自分とは無関係な世界だ」と思われているようです。

しかし、我々が扱っている法律は現代社会の基盤であり、たとえ意識していなくても、法律にかかわらないで生活することはできません。例えば、自宅を購入する場合には不動産売買契約を締結しますし、住宅ローンを組むということは銀行との間で金銭消費貸借契約を締結するということです。自宅に入居した後の近隣との関係も法律によって規律されます。

ですから、本来、法律事務所は、誰もが普通に利用できるものでなければならないはずですが、残念ながら、弁護士側の努力不足もあって、敷居が高い存在となってしまっていたのではないでしょうか。

私は、誰もが普通に利用できる社会や生活の基盤としての法律事務所を提供したいと考えて「ベーシック」と名付けました。

「OSAKA」を冠した理由は何ですか?

私は大阪で生まれ育ち、学校や仕事もずっと大阪でした。ですから大阪には強い愛着があります。

「大阪」ではなく「OSAKA」としたのは、世界の中のOSAKA、アジアの中のOSAKAをイメージしているからです。OSAKAには十二分な潜在力があり、これを活かせば発展しないはずがありません。OSAKAと一緒に発展したいという気持ちを込めて、OSAKAを冠したのです。

OSAKAを冠した以上、その名に恥じないような事務所にしたいと考えています。

OSAKAベーシック法律事務所の展望を教えてください。

将来的な展望ですが、個人間の紛争から一定規模の会社の紛争まで、幅広く、高いレベルで法的サービスを提供できる態勢を築き上げることです。「狭く、深く」や「広く、浅く」ではなく「広く、深く」です。特定の法律分野を深く掘り下げて研鑽を積むことは、他の法律分野においてもより深く理解することに繋がると確信しています。

また、複雑化した現代社会では、特定の分野だけを知っていればよいということはあり得ません。例えば、相続や離婚、あるいは会社における紛争において不動産の問題が生じている場合には、不動産の問題についても通じている必要があるのです。相続だけの専門家、離婚だけの専門家、会社法だけの専門家であってはなりません。

これこそがクライアントの方のニーズに応えることであり、当事務所の目指すべき方向だと考えています。

先生とお話ししていますと弁護士が常に研鑽を積み、クライアントの方に最高のサービスを提供するというお考えが伝わってきますが、弁護士という専門家の取る姿勢として重要なのはどういうことだとお考えでしょうか。

第1に、事実関係や裁判例・学説を徹底的に調査したうえで、更に自分の頭で徹底的に考えることです。単に事実関係を法律に当てはめるだけでは適切な解決はできません。私はこのことを、執筆活動やいくつもの最高裁判例を獲得する過程で学びました。

第2に、クライアントの方と徹底的に向き合い、議論をつくすことです。弁護士が考えた結論をクライアントの方に押し付けるべきではありません。クライアントの方が納得できるまで議論をつくすことが重要だと考えています。

第3に、フェアな事件処理をすることです。もし、クライアントの方がアンフェアな処理を希望されるのであれば、御依頼をお断りするかもしれません。

最後にこのホームページを見て、交通事故の問題で相談しようと思っている方に一言ご挨拶をお願いします。

「加害者側の保険会社は立派な大企業だから、保険会社の言うことに間違いはない」、「立派な保険会社だから、適正に対応してくれるはずだ」と思っている方が多いと思います。

しかし、それは間違っています。保険会社は被害者の味方ではありません。加害者の味方でもありません。保険会社は、保険会社のために、自分が支払うべきお金をできるだけ少なくしようとするのです。保険会社は、被害者の治療を行っている病院に対して自分に有利になるよう誘導することもあります。医師も抱えていて、自分に都合のよい意見書を書かせたりもします。

これまで、保険会社が、明らかに過大な過失割合を主張してきた事例、明らかに低額の示談額を提示してきた事例など、不当な事例を数多く見てきました。被害者が、高齢の方や生活に困窮している方など社会的に弱者と呼ばれる方であるほど、保険会社の対応は悪いのではないかとの印象もあります。

保険会社は、適正な損害賠償額を速やかに被害者に支払うことがその社会的使命であるはずです。しかし、残念なことに、保険会社は保険会社の利益のために支払額を少なくしようと、あらゆる手段を講じてくるのです。

このような保険会社に素人が自分で闘うことはできません。当事務所は、被害者の側に立って、保険会社と闘い、適正な損害賠償額を獲得するお手伝いをしたいと考えています。

交通事故の法律相談のご予約

御予約受付:0120-967-330(平日 午前9:30 ~ 12 時、午後1時~ 5:30)

フリーダイヤルで繋がらない場合は 06―6226―5535まで

  • 初回の相談は無料着手金無料
  • 相談予約で夜間・土曜面談対応
  • 当日・前日でも空きがあれば面談対応

土曜相談会実施中

毎月1回、土曜日に相談会を行います

初回1時間無料(予約制)

詳細はここをクリックしてください

アクセスマップはこちら

交通至便 淀屋橋駅1分

OSAKA ベーシック法律事務所

【住所】

〒541-0042
大阪市中央区今橋 4丁目 3番 6号
淀屋橋 NAO ビル 3階

【交通】

地下鉄御堂筋線・京阪電鉄
「淀屋橋」駅 10番出口徒歩 1分

対応エリア